スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
横浜からの訃報
fionafuhou1.jpg
よこはま動物園ズーラシアで飼育されていた
ボルネオオランウータンのフィオナ(推定12歳♀)が
5/2に亡くなっていたそうです。
当日朝に出血と体温の低下が見られ、処置が施されましたが
21時過ぎに心停止が確認されたそうです。

画像は今年3月に撮影した、私にとってのフィオナの
ラストショットとなった1枚です。
一昨年に初潮を迎えてから、気難しくなったのか、突然
今までのようにガラス面に張り付いて遊んでくれる事が
ほとんどなくなってしまったフォオナでしたが
これも大人になったからだな~と寂しくも頼もしく
彼女の成長を見守っていた矢先だったので、今回の事は
残念で仕方がありません。

fionafuhou2.jpg
2004年撮影のフィオナ。
この頃は、何かというとこういう風にガラス面に
近付いてきて、人間の様子をじっくり見るのが
何より楽しそうでした。
何故か私にだけ寄ってきてくれる事も多く、特に
思い入れも強く、記憶も鮮やかな個体でした。

また、ズーラシアだけではなく、金沢動物園では
アフリカ区の堀を悠々と泳いでいたモモイロペリカンの
ミナト(♂)が落鳥したそうです。
minatofuhou.jpg
在りし日のミナト。
現在はメスのワカメという個体1羽のみの飼育展示と
なってしまいました。

そして、野毛山動物園でも、なかよし広場の人気者だった
カツラチャボのリョウマ(♂)が4/26に落鳥したそうです。
リョウマは愛嬌者で、来園者から非常に人気のあるチャボでした。ryoumafuhou.jpg


(以上の情報はZOOよこはまニュースNo.146より)
スポンサーサイト
【2006/07/14 23:58 】
| トピックス | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<キリンのおやつ | ホーム | 赤ちゃん!>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kurica.blog5.fc2.com/tb.php/128-f984839a
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。