スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
ほーせー
kosidakahousei.jpg
上部中央に見えるの、たぶん精子です。

暑さ寒さも彼岸まで、と申しますが、彼岸になっても
まだまだ残暑厳しいので、今日は涼しい感じの更新を。

先日、ウォットに行った時、入ってすぐ
「ウニが卵産んでるよ!」と声を掛けられて
見てみたら、画像のような状態になっておりました。
正確には、卵ではなく精子のようだったのですが。

で、この精子と思しき白い塊なんですが、
一回りした後に、再び見てみたところ、もう水に
溶けてしまって、いつものウニに戻ってました。
飼育水槽の中で受精したりとかするんだろうか‥‥?

(コシダカウニ@浜名湖体験学習施設ウォット)
スポンサーサイト
【2007/09/20 20:33 】
| トピックス | コメント(0) | トラックバック(0) |
帰ってくるよ!
lastdolferia1.jpg
 ドルフェリアが!!
昨年8月に、一部のコアなファンに惜しまれつつ
終了した、エノスイのイルカパフォーマンスショー、
ドルフェリアが帰ってきます!!

新江ノ島水族館・公式サイトのお知らせはこちら

嬉しくてたまりません。
感無量。
春休みはエノスイに行かなくちゃね!!!

そんな訳で、ドルフェリア画像貼ります!
lastdolferia2.jpg
じゃーんぷ!

lastdolferia3.jpg
なかよし~。

lastdolferia4.jpg


以上の4枚は、最終日の2006年8月31日に撮影したもの。
またあのショーを見られるなんて、
またあのアクアンたちに会えるなんて、
今から楽しみでなりません~!!
【2007/03/05 01:28 】
| トピックス | コメント(2) | トラックバック(0) |
シモネタですよ
hatujoudatyou1.jpg
日本平動物園のダチョウさん。
オスです。
発情期なので、嘴や脚が真っ赤です。
発情期だと赤くなるんです。

あ。hatujoudatyou2.jpg
ここも発情中。
拡大して見るもんでないですか?

ちなみに、鳥類のほとんどはペニスはありません。
オスとメスの総排泄口(鳥は生殖器も排泄も出口が
一緒です、一つしかないんです)を擦り合わせて
行う事が普通なのですが。

でも、ダチョウには付いてるんですね~。
普段はひっくり返って総排泄口の中に収納されて
いるようなんですが(すいません、この辺り記憶が
あやふやです)この画像ではまろび出てますね。
発情期なんですね。

動物の性の生態も様々で、少し調べるだけで
随分面白かったりします。
【2006/11/18 22:45 】
| トピックス | コメント(4) | トラックバック(0) |
メイのお散歩
mayosanpo1.jpg
ドナドナドナ~。
どすん、ズザザー。
リヤカーで運ばれてきたのはアムールトラの子供です。
日本平動物園で5月に生まれた3頭の赤ちゃんのうち、
このメスだけ、お母さんトラに育児放棄されてしまったのです。

mayosanpo2.jpg
そんな訳で、人工保育で育ったこのメスの仔トラ
メイちゃんは、お披露目と運動を兼ねて、毎日
14時から15分間だけ皆の前でお散歩します。
(体調や天候によってはお休みになる事も
あるかもしれません。生き物ですからね)
引き綱つけて、ウロウロウロ~。
続きを読む
【2006/11/12 23:36 】
| トピックス | コメント(8) | トラックバック(0) |
ハダカデバネズミのおうち
debanezumisintenji1.jpg
久し振りに上野動物園の小獣館のハダカデバネズミの
一角を見に行きましたら、こんな風になっていました。
(と、今、上野の情報紙ZOO TODAYを見たら、4月末に
既にこういうレイアウトになってたようですね、
知らなかったです‥‥混みあってると入らない事が多くて)

ハダカデバネズミは、地中に巣穴を掘り、そこで
女王ネズミを中心とした、まるでアリのような真社会性の
生活様式を持つ不思議な哺乳類です。
見た目も名前の通り、裸で出歯(まんまや!)

そのハダカデバネズミの巣を再現したかのような
この飼育槽‥‥。
debanezumisintenji2.jpg
各部屋は断面になっており、部屋と部屋を繋ぐ通路も
ところどころ覗けるようになっています。
手前に飛び出た透明の筒の中を、突然ハダカデバネズミが
横切って行く時もあります(結構早足です!)

ちなみに、このハダカデバネズミは狭い穴の通路を
大家族で往来するために、鉢合わせは日常茶飯事、
それを回避するために後ろ向きにも、前進と変わらぬ
スピードで進む事が出来ます。
もちろん、後退するだけでなく、ちゃんとお互い
譲り合って乗り越えてすれ違う事も上手に出来ます。
debanezumisintenji3.jpg
赤ちゃん発見!(10/19生まれ)
大人でも、まるで生まれたてのネズミのような姿をしている
ハダカデバネズミですが、やはり赤ちゃんの姿は、大人より
「生まれたて感」が強いですね。
まだ肌も赤みが強く、何よりとても小さいです。
19日に生まれた赤ちゃんで、今日まで育っているのは
この個体1頭のみだそうですが、このまますくすくと
大きく育って欲しいですねー。

この赤ちゃんハダカデバネズミが、大人と同じサイズに
なるまで、1年かかるんだそうです。

(ハダカデバネズミ@上野動物園)
【2006/10/26 22:19 】
| トピックス | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。